介護支援専門員の受験資格

福祉関連の仕事として、介護支援専門の資格の取得は、難易度が高い部類に属します。その理由の一つが、介護支援専門員の資格試験には、受験資格が設定されていることです。こうした受験資格は、そのほかの福祉関連の資格試験には、あまり設定されていません。もちろん、ある程度の受験資格は設定されているのですが、その設定レベルが高めになっているのです。具体的には、まず介護や医療における資格を取得しておく必要があります。例えば、介護の分野であれば介護福祉士も含まれますし、医療では看護師も含まれているのです。こうした資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。そのため、すでに一定以上の知識や能力を身に付けているのです。そのうえで、さらに必要となるのが実務経験です。実務経験については、それぞれの資格によって、年数が異なります。この実務経験を積まないと、介護支援専門員の受験資格を与えられないのです。したがって介護支援専門員の仕事は、一定以上の資質がある人のみが行っているのです。